若者に人気のワンルーム賃貸

OKする若い女性
10代~20代の若者に人気の賃貸物件の間取りが、ワンルームです。
1人暮らしをする人の多くがワンルームにしようかどうか、一度は考えることでしょう。

特に都内などの家賃が高い場所に関しては、家賃や立地条件、お手軽さの面から見てもワンルームが非常にお得なのです。
そこで今回は、若者に人気のワンルーム賃貸について詳しくお話していきます。

若者には、いったいどのような賃貸物件が人気なのでしょうか?

 

通勤・通学に便利な賃貸物件が人気!

 

やはり若者に人気の賃貸物件は、通勤・通学に便利なところかどうかが重要なポイントになります。
自宅と会社、学校の所在地によりますが、多くの人が通勤・通学に便利な場所を選ぶようです。

会社がたくさん並んでいるようなビジネス街に、賃貸物件はあまりありませんが、大学や専門学校の周りには1人で住みやすいワンルーム物件がたくさんあります。

若者世代は単身者が多いので、自分1人で住むことだけを考えればよいことから、賃貸物件を選ぶ際の条件として会社や学校への通いやすさを重視する人がほとんどのようですね。

 

若者は駅近の賃貸物件が好き!

 

若者世代は1人暮らしが多いので、特に女性は安全性を考えて「駅近物件」を狙います。
帰りが遅くなった時などに、駅から自宅が離れていると危険な目に遭う可能性も高まるので、やはり駅近の物件が人気です。
比較的お手頃なワンルームの賃貸物件ですが、駅近になると家賃が高くなると覚えておきましょう。

 

JR沿線は便利だけど、高い

 

皆さんは、賃貸物件をリサーチする時にどのように選んでいきますか?おそらく自分の会社や大学の最寄り駅付近や、乗り換えに便利な駅を見つけて物件を探していくことと思います。

一番高いと言われているのが、JR沿線の中でも【山手線】です。渋谷・新宿・五反田・恵比寿・池袋などのよく人が集まる主要駅は特に家賃が高く、人気も高いと言われています。

しかしながら、私鉄沿線・JR沿線・地下鉄沿線はとにかく駅によって、家賃がだいぶ違ってきます。

不動産会社で賃貸物件を探す時には、自分が目星を付けている駅の隣駅なども、しっかりとリサーチするようにしましょう。

 

若者に人気のワンルームはマンスリーマンションがオススメ

若者が賃貸生活に入るには、保証人、契約、家具の準備など多くの作業が発生し大変です。
マンスリーマンションは家具付きで保証人も不要で簡単に入居できます。