若者に人気の首都圏エリア

若いビジネスウーマン
 

進学や入社を機に、一人暮らしを始める若者は少なくありません。
「どうせ住むなら、一度は首都圏に住んでみたい!」と考える人も多いですよね。
やはり若者は、地方よりも首都圏に出てくる傾向があるのです。

そこで今回は、若者に人気の首都圏エリアの物件についてお話をしていきます。
人気エリアはいったいどこなのでしょうか?詳しくご紹介していきますね。

 

沿線ごとに主要駅がある!

 

首都圏には必ず人気エリアが存在しているので、これから賃貸物件をお探しの方はしっかりとリサーチを進めておく必要があります。

ちなみに、首都圏の人気エリアは私鉄沿線・JR沿線・地下鉄沿線ごとに分かれていますよ。
東京ベイエリア、田園都市線沿線、東急東横線沿線などそれぞれに、必ず主要となる駅がありますのでチェックしておきましょう。
しかしながら人気エリアにある賃貸物件は、どうしても家賃が高くなってしまうと事前に理解しておくことが大切です。

 

首都圏の人気エリアはここだ!

 

若者に人気なのは「駒澤大学」「三軒茶屋」「二子玉川」「たまプラーザ」「青葉台」などの人気エリアが多数点在している多摩田園都市エリアです。
とても住みやすい街がたくさんありますし、大学なども沿線にたくさんあるので、若者にはとても人気があります。

その他にも、新宿~調布・府中などの人気エリアを経由して、ベッドタウンであるし八王子などに向かう京王線も人気があります。
東京以外だと、千葉ベイエリア・新浦安ベイエリア・さいたまエリアも物件数が増えて、人気度がアップしています。ぜひ、リサーチをしてみて下さいね!

 

いかがでしたか?
今回は、首都圏の人気エリアについてお話をいたしました。

人気エリアの物件の中でも、特に人気が集中しているのが「駅近の賃貸物件」です。
女性にとっても安心感が大きいですよね!
賃貸物件を借りる際には、家賃だけでなく敷金・礼金・管理費も含めて考えていきましょう。
首都圏エリアは、全体的に家賃は高い傾向がありますが、住む場所によって変わってきます。

不動産会社などに賃貸物件を探しにいく時には、自分がどのような条件を優先するのかしっかりと考えていきましょう。